Enter your keyword

コーヒー袋

コーヒーは世界中で愛好されている嗜好品であり、年を追うごとに消費量は増え続けています。日本は世界第四位の消費を誇るコーヒー消費大国であり、競合の多い業界で勝ち抜くためには、その包装にも工夫が必要になってきます。

製品の弱点

コーヒーは空気と触れた状態で保存すると非常に足が速く、長期の保存には適していません。長期間にわたって保存するためには袋の内部を完全に気密状態に保つ必要があります。しかし袋詰めされる前に焙煎する必要があるため、袋詰め後も気体が発生し、密閉しておくことは非常に難解です。したがって、パッケージはこの問題が解決できるものでなければなりません。

また、コーヒー豆は見た目から競合する他社製品との見分けがつきにくく、製品単体で差別化を図ることは困難を極めます。よってパッケージのデザインと産地などの製品に関する情報を消費者にわかりやすく伝えることが求められています。

パッケージの強み

コーヒー袋にはガス抜きバルブを設置しています。ガス抜きバルブはコーヒーから出る気体を外に逃がす機構で、気体による膨張でパッケージが破裂する心配がありません。それと同時に袋の内部を気密状態に保ち、外気から隔離するためコーヒー豆を長期間にわたって保存することができます。

パッケージの種類には主に以下のパッケージが利用に適しています。

  • ガゼット袋
  • 四方柱ガゼット袋
  • スタンディングパウチ
  • シュリンクラベル(コーヒー飲料用)

Swiss Pacの優秀なグラフィックデザイナーが消費者の興味を引き付けるパッケージデザインを提案させていただくと同時に、お客様の製品情報をしっかりと消費者にお届けいたします。20年間、軟包装のリーディングカンパニーとして蓄積してきたノウハウで他社に勝つコーヒー袋をご提案させていただきます。

クラフト袋は自然的な外見から多くのお客様から支持をいただいております。内部に金属蒸着フィルムを使用することで紙パッケージでも高い防湿性とガスバリア性を付加することができます。またコーヒー袋のその他の仕様、オプションに関しては下記の表を参考にしていただけます。ご質問、ご注文がございましたら、まずは一度ご連絡ください。誠心誠意対応させていただきます。

材料 プラスチック,クラフト紙,アルミホイル
表面仕上げ マット仕上げ,光沢仕上げ
オプション 窓,ジッパー,ガス抜きバルブ,ノッチ(易開封加工),取っ手オプション,金属蒸着加工
基本層構造(プラスチック) 2層:(PET,Matt PET,BOPP)+(PE, 生分解プラスチック)
3層:(PET,Matt PET,BOPP,Matt BOPP)+(MET,Matt MET)+(PE,生分解プラスチック)
基本層構造(紙) 2層:(クラフト紙,上質紙)+(PE,生分解プラスチック)
3層:(クラフト紙,上質紙)+(MET,Matt MET,PET,Matt PET)+(PE,生分解プラスチック)
備考 印刷には9色まで利用可能。グラビア印刷で美しいコーヒー袋を実現します。

注文形式には特注袋と規格袋がございます。それぞれ1万ユニット、1,000ユニットが最小オーダー数となっております。ぜひご利用ください。

コーヒー梱包

コーヒー梱包

コーヒーポーチ

コーヒーポーチ

ローストコーヒー豆の包装

ローストコーヒー豆の包装

コーヒー梱包

コーヒー梱包

コーヒーポーチ

コーヒーポーチ

ローストコーヒー豆の包装

ローストコーヒー豆の包装

コーヒー梱包

コーヒー梱包

コーヒー梱包

コーヒー梱包

コーヒーポーチ

コーヒーポーチ

ローストコーヒー豆の包装

ローストコーヒー豆の包装

ローストコーヒー豆の包装

ローストコーヒー豆の包装4

コーヒーポーチ

コーヒーポーチ

ストック製品はここをクリック