Enter your keyword

生分解性プラスチックフィルム.

パッケージのごみがどこに行くのか、考えたことはあるでしょうか。ごみは燃やされて、二酸化炭素を発生させたり、埋め立てられて半永久的に地中に残り、分解されることなく蓄積していきます。リサイクルのシステムが社会全体として機能しているとは言いがたい今日、使い捨てることを前提とした地球に優しいパッケージが必要とされています。

生分解性プラスチックは、とうもろこしのでんぷん等の植物を原料に使用しているため、燃焼して発生した二酸化炭素は植物由来のもので、大気中の二酸化炭素の総量は変わりません。また、埋め立てられても地中で微生物によって分解し、完全に大気中に帰っていきます。土壌への悪影響もなく、処理することができます。

企業の社会貢献活動の一環として導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

利点・特徴

生分解性プラスチックは廃棄後に微生物によって分解され、最後には水と二酸化炭素になるプラスチックです。外見からは他のプラスチックフィルムと見分けが付かず、汎用のプラスチックがカバーしている包装領域はほぼ代替することができます。また、大きく分けて二種類の生分解性プラスチックがあり、完全分解型と部分分解型に分けることができます。

完全分解型は、名前のとおり水と二酸化炭素の最小単位まで完全に分解します。したがって、ごみとなった後は堆肥としても利用することができます。通常のプラスチックフィルムの5倍から10倍ほどの値段です。

部分分解型は、分解成分の添加量が10%程度であり、その分コストも大幅に抑えることができます。完全分解型と同じように分解し、分解できない細かい粒子が地中に残ります。

製品の添加物などによって、パッケージが劣化してしまう可能性があるため、注意して扱う必要があり、酸素や熱、光にも注意を図る必要があります。

使用に適した製品

  • 有機食品
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ペットフード
  • プロテインパウダー
  • ドライフルーツ
  • 美容製品
  • 衛生用品

汎用のプラスチックフィルムと同じように振舞うことができるため、様々な種類の製品に用いることができます。環境にやさしいことが大きなアピールポイントになるので、それに準じた製品の包装に使用すると、絶大な効果を発揮できます。

また、パッケージ自体が高額になるため、製品も高額な製品の方が導入しやすくなっております。

パッケージの構造

2層の生分解性プラスチック袋を作る場合と3層のものを作るとき、途中までは同じプロセスを経て作成されます。まず、2層の袋を作る場合、最初のステップは紙やプラスチックの基材となるフィルムに噴霧やブラッシングによってでんぷんや化学物質を添付し、コーティングを作ります。次に加熱、加圧することで生分解性高分子フィルムコーティング上で溶かします。ここまでで、2層構造のパッケージは完成です。

3層目はセロハンです。セロハンはセルロースからできていて、非常に透明度が高いことが特徴です。そしてこれら3つのフィルムを加熱圧縮することで3層構造の生分解性プラスチックが完成します。

セロハンも植物由来の原料のため、ごみとなった後に微生物によって分解されます。使い捨てることが前提とされているため、リサイクルやリユースはできませんが、増え続けるごみの問題をリサイクルとは違った視点から解決できる非常に効果的なパッケージです。

環境問題に関して関心のある消費者の方々からは、非常に高い評価をいただいています。そのため非常に人気のあるパッケージです

生分解性紙袋

生分解性紙袋

オキソ分解性包装

オキソ分解性包装

オキソ分解性包装

オキソ分解性包装

コーヒー包装

コーヒー包装

オキソ分解性包装

オキソ分解性包装

有機食品包装

有機食品包装

有機梱包

有機梱包

生分解性紙袋

生分解性紙袋

ストック製品はここをクリック